2017/02/25

着いた先は廃村だった - ぽんハウス BLOG

二年前、偶然たどり着いた集落に今日、また行くあてもなく向かった。
川沿いにある集落の入口には、梅が咲いていた。
ハイキングコースの看板と唯一電気を感じる自販機は、まるでちいさな温泉街の入口のよう。

しばらく梅の写真を撮っていたら、軽トラックが一台止まる。
よくあるパターンだ。これは、怒られる…。
経験的にそう思った。
観光地でもなく、素晴らしい景色があるわけでもない場所でカメラを担いでいると、多くの場合怪訝な目で見られる。

軽トラックの老人から声をかけられた。
「どこから来たの」
「梅、撮っていたのかい」
自分が気にしすぎていたことが分かり、少しホッとした。

82歳になるこの老人は、以前この集落に住んでいたらしい。
江戸時代から続く土地を手放し、今は少し町よりの場所で暮らしているそうだ。
集落にはもう誰もいないと…。
手入れされた茶畑があるところを見て、まだ住んでいる住人がいるのかと思っていたが。
この老人の他にも、ここには何かの用事で時折帰ってきている住民がいるのだろうか。
元気な足取りで案内された旧自宅を拝見させてもらった。
奥さんは最近体の調子が悪く、今日は他の町で暮らす娘が見舞いに来ていたようだ。
自慢の立派な石垣の前で写真を撮ってくれないかと言われる。
老い先短いんでな~と。
もちろん。二つ返事で写真を撮った。

このあと集会があるとそこで別れた。


ちいさな集落。ここにも歴史がある。

それを忘れちゃいけない…そんな気がした。



廃村 - ぽんハウスギャラリー





前回の記事

着いた先は限界集落 - ぽんハウス BLOG:


2017/01/30

100均の老眼鏡を少しだけ改造

iPhone3GS使い始めてから急激に進行した老眼は、もう丸6年くらいの付き合いになるのかな?
自分は右目に少し近視が入っているので、100均で売っている老眼鏡だと片目しかジャスピンにならない。
なので視度の違う眼鏡を2つ買ってレンズを外し付け替えてみました。

金属フレームのものはレンズを締め付けるネジが見当たらなかったため、いざとなったら融通の聞きそうなプラフレームのものを購入。
レンズは力技で外します。
しかし、同じものを買ったのですが厚みはもちろん形も微妙に違うことが判明し、その場で簡単にはめ直しとはいきませんでした。

そこでヤスリを使ってレンズの外周を削り、やっと自分用の100均眼鏡の完成。
これで居間やベッド、車や服のポケットなどあちこちへラフに置いておけるメガネが完成。