2018/07/28

Macが突然落ちるようになった

Windowsに移行してから早2年程になりますが、Macも時々起動しています。
写真関連はメイン環境と同じにできないため、Windows一本で。
Web関連はもともと大したことをやっていませんし、ブログはブラウザからできちゃうのでWindows側には最近までFTPソフトさえ入れておらず、Macで昔やっていた時のままになっています。
時々しか起動しないMacですが、古巣に帰ってきたようで落ち着きます。
毎度まいど、やっぱりいいなあ〜と再認識。

少し大規模なサイトの改変をする必要があって、ここ何日かはMacメインの作業をしていますが、今日起ち上げたところ1〜2分すると突然画面が真っ暗に…。
強制再起動がかかるようになってしまいました。
他ボリュームから起ち上げても同じ現象で、ハードウェアの何かしらに問題が発生したようです。
何度か繰り返すうちにSMC(システム管理コントローラ)がおかしくなったようで、ダウン後にファンが暴走するように…。

とりあえず電源コード引っこ抜いてSMCリセット。ファンの暴走は多分これで直ります。
ビデオカードだけ落ちてるわけでないので、こっちは問題ないと踏んで、電源も一番負荷のかかる起動時は大丈夫でしたので多分違うだろうと…。
SMC関連というとバックアップする内蔵電池が怪しいと思い、新しいCR2032電池を買ってきました。

電池を交換するにはビデオカードを外す必要があります。
10年以上経つ初代Mac Pro(2006)なので、過去に一度電池交換をした記憶はありますが、今回で2回目。
電池を固定する爪は固いので折らないように気をつけてください。
画像で言う右側(爪の反対側)に凹みがあるので、そこに何か突っ込んで電池を少し浮かせて「ずらします」。自分は毛抜を使いました。
電池をずらしたら、あとは手で下か上にずらしていけば外れます。
爪を持ち上げる感じではなく、電池を枠から外す感じに。

組み立て直してスイッチオン。
落ちなくなりました。
SMCリセットをした影響かもしれませんが、多分原因は内蔵電池切れだったかと思います。
内蔵電池は毎日使う分にはそれほど気にする必要もありませんが、最近は月イチくらいしか起動していなかったので問題が出やすくなっていたのかもしれません。

2018/04/20

懐かしいものがいろいろと出てきた

もう10日ほどかけての大掃除中。
三世代分の「いろいろ」を整理しているのでひたすら量がある…。
そんな中でちょっと懐かしい写真関係の物をいくつか。















2018/04/04

Lightroom Classic CC 7.3アップデートで追加された現像プリセットが…

大量にある上に自分で作ったユーザープリセットが下に来る始末…。
更には順番変更もできないという。
作業に邪魔なので、せっかくAdobeが「自信を持って出した色」を全部消してしまいました。



ツイッターなのでいつか消えると困りますので画像を貼っておきます。
これらのフォルダーを削除(できれば他フォルダに移動)すればAdobeの用意したプリセットは表示されなくなります。
(Mac版は確認しておりませんが、多分/Library/Application Support/内に同様のフォルダがあるかと思います。
もしくはLightroom Classic CCアプリと同じ階層か、アプリを右クリックしてパッケージ内?
不親切な書き方で申し訳ないです…。)


以前の(クラシックと表示)Adobe製プリセット


新しいAdobe製プリセット


ちなみにユーザープリセットはこちらのパスです。
C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Adobe\CameraRaw\Settings



Adobeは、Lightroom CCがClassicになったあたりから、ライトユーザーの方向を向いているのでしょうか。
プリセットという名前ですが、これ一般に言う「フィルター」です。
ワンクリックで簡単にそれっぽく出力できるのは便利なこともあるかも知れませんが、細かい調整をしたくてRAW現像をするユーザーに、用意された既存のフィルターって必要なのでしょうか…。


2018/02/25

Nikon 28-70/2.8D のピントが無限遠~5mくらいまでしか動かない故障の修理

Nikon 28-70/2.8D がだいぶ前からピントリングが無限遠~5mの指標手前くらいまでしか動かせなくなり、その修理記事です。 このレンズのユーザはかなりの率でありえる故障かと思われます。
以前一度、途中まで分解したこともあったのですが、もっと奥まで手を付ける勇気もなく、かといってもう古いレンズなので修理の受付もなく、長い間放置していたレンズです。
内部の両面テープで貼られた電子基板が劣化で浮いてしまい、電子部品がピントリングの部品と当たってしまうことが原因です。 前半のマウント外し→基板露出まではビデオで撮っていたので残念ながら公開しておりません…。とりあえずなんとかしてください…笑
※真ん中がオレンジ。一本は使いません。

2018/02/05

NAS上のTime Machineバックアップから、起動しないMacのシステムを復元する方法

まず電源ボタンを押してすぐ command+R もしくはoptionキーを押しっぱなしにし復元ディスクから起動して、メニューバーの「ユーティリティ」メニューからターミナルを起動
$ mkdir /Volumes/TMBackup
$ mount_afp afp://admin:パスワード@IP アドレス/パス /Volumes/TMBackup
TMBackupはうちの場合なので、それぞれ個別に変えてください。
うち専用でもう少し具体的に書くと
$ mount_afp afp://admin:○○○○○○@192.168.0.64/TMBackup /Volumes/TMBackup
となります。
これでTime Machineボリュームがマウントされるので、次に該当バックアップのイメージディスクを開きます。
普通にopenコマンドが使えるかと思いきや使えなかったので、調べた結果…
 hdiutil attach -mountpoint /Volumes/backup HOGEHOGE.sparsebundle
このコマンドでマウントできるようです。 HOGEHOGEは該当ファイル名に変更してください。

あとはターミナルを終了して、「Time Machineバックアップから復元」でバックアップ一覧が表示されると思うので
選んで進ませていけば完了です。



参考リンク
NASのTimeMachineから復元インストールする | dendrocopos開発室
http://dendrocopos.jp/wp/archives/320