2020/09/29

近況

 もう長い間このブログに書くことも少なくなったのですが、時々ですが更新してます。

それで、ブログテーマと関係ないことを以前からも時々書いてはいたのですが、今回もその一片、近況報告&ライフログ的な感じに。


えー、この度重なる時と共に老いてきた証なのか「顔面神経麻痺」になってしまいました。

診断としては「ベル麻痺」というやつです。

ヘルペスや帯状疱疹ウイルスが原因とも言われますが、原因は様々でストレスなど体の免疫機構が落ちると発症しやすいみたいです。

なってしまったのだから原因はどうでもいいのですが、今は左側の表情筋が全く動きません…。

多くの人は目が閉じず乾きに苦しむらしいのですが、幸い目が大きくないからか少し閉じないだけで済んでいるので兎目になることはたまにしかないのですがとにかく目が疲れます。

麻痺してる左だけじゃなく右も。

カメラのファインダーは自分の場合両目で普段見て、ピントや構図などしっかり見たい時だけ一瞬目を瞑る感じだからまだいいのですが、これになってそれすら出来なくなって不便です…これはミラーレスで液晶表示に移行しろということ!?笑


今年はマダニに噛まれたり足の甲を痛めたり、そして顔面神経の麻痺という踏んだり蹴ったりな感じなのですが、自分としては「まあ、しょーがない」と思ってます。

上に書いたようファインダー覗きにくかったり、表情が出ないのでコミュニケーションが…特に子供相手が多いのでけっこう致命的だったりするのですが、それも残った右側や(鏡を見て変顔を練習中…自分としてはけっこうイケルw)手足のジェスチャーを更に駆使すればなんとかなるんじゃね?と思ってます。

症状の今後としては、軽症なら半年以内くらいで完治。

重症だと後遺症が2~3割で残りやすく、でも最悪としても手術&2週間入院とリハビリで取り戻せる可能性はあるようです(多分、まったくどこも動かないので重症なのかな…)。


もう今までの「自分の顔」は見ることないのかな…と思うと寂しいですが、これも今の自分。

元々イケメンでもないし、たかが メインカメラ 顔をやられただけだ!って感じです。

うつ病を発症してしまう人もいるのもわかります。

正直、顔の違和感や目や口の不便さ、ストレスは大きいし、社会で生きていくのにとても大事な「顔」の機能が失われたら絶望感に呑まれてもおかしくないです。

でもね、残ったものでなんとかすればいいんだよ…というのが僕のポリシーに近かったりします。

「できる人がやればいい」「できることだけすればいい」…そんな感じで。

もう昔の顔は戻らないかもしれませんが…いや戻ったとしても戻らなかった時にガッカリするのも嫌なのでここは絶望的観測でこのままを前提に…


僕は僕のままです。

何かが変わっても…容姿や性格が変わったとしても、それが今の自分です。

過去は過去

今がいちばん大事なのは変わりません。

たまーにしか更新してないですが、これからもブログよろしくです♪(マニアックだけど…)

2020/07/01

iPhoneショートカットをいくつか

最初にすること

まずはじめにダウンロードしたショートカットを使用するための許可をiPhoneに与えます。
1. 設定→ショートカット→共有セキュリティの項目をオン

2. 公開されたショートカットのリンクをクリックして追加
3.使用方法はショートカットによって「共有メニューから」「ウィジェットから」「Siriショートカットから」とまちまちです。
ショートカット右上の・・・で内容を開き、更に・・・をタップして確認及び好みによって変更します。
SiriショートカットはSiriに呼びかけることで起動するショートカットですが、iOS13になってこの設定が少し変わりました…というか設定箇所がなくなりました。
ショートカット名がそのままトリガーになりますので、Siriショートカットを使う予定で名前をつける時には要注意です。



●YouTubeで再生する場所を指定したリンクをコピーする


デスクトップ版のYouTubeではシークバーを右クリックすることで「現時点の動画のURLをコピー」が選べますが、スマホではそれが選べません。
理屈としては単純に元URLに「?t=」時間(秒)を加えるだけなのですが、秒に換算しなくてはならず少し不便ですのでショートカットを作りました。
使用方法は
1. YouTubeで動画を開く
2. 指定した時間を覚える
3. 共有メニューから「YouTubeここから」を選ぶ
4. 分を入力
5. 秒を入力
6. URLがコピーされます
注:分と秒は範囲指定していませんので適切な数字を入力してください。


●ツイッターで音声入力からツイートを作成するiPhoneショートカット


1. Siriに「新規ツイート」と呼びかけると起動します
2. Siriにツイート内容を話しかけます。句読点は「てん、まる」。改行は「かいぎょう」。で入力できます。
3. Twitterアプリが起ちあがりツイート内容が入力されます
4. ツイートボタンを押す
時間が経つとSiriが終了してしまうので、先に頭でしっかり文章を考えておきましょう。
最後にツイートボタンを押さなければならないので、完全ハンズフリーにはなりません。


●最後に撮った写真のサイズとフォーマットを変換複製するiPhoneショートカット

今は使う場面もあまりないかもしれませんが、一応写真関連ブログですし…。
元々はツイッターに適正サイズでアップしたり劣化しないようPNGに変換するために作ったのですが、今はPNGも自動でJPEGに変えられてしまうので意味がなくなってしまった…。
1. 横サイズのピクセルを指定(縦は比率に合わせて自動)
2. フォーマットを選択
3. 自動で複製が保存されます


●最後に撮ったLivePhotoのショート動画をアニメGIFに変換するiPhoneショートカット


こちらもツイッターにツイートするために作りました。
タイトルまんまです。



●URLクリップボードからQRコードを作成


Googleフォトにアップし共有した写真やアルバムをSNSなどで繋がっていないAndroidユーザーに渡す目的で作りました。
iPhone同士だとAirDropで一発なのですが、対Androidだと相手のOSバージョンや入れているアプリの都合もあり、渡すのがちょっと困ります。
自分の場合は撮らせてもらった人に写真をその場で渡すために作りましたが、普通は知らない人に写真を渡す機会もあまりないと思いますので、何か他に使ってください笑 URLならなんでも入ります。