2015/04/15

UVフィルタとプロテクトフィルタの違い

遠方の山の紫外線の影響と言われる青味をとってくれるという今ではオカルト的にも聞こえるUVフィルタと、レンズを守るだけのプロテクターとの比較。

まずはマルミのDHG-UVとノーフィルターで比較してみました。
ひとことでいうと、ほぼ違いはありません。
強いて言うならUVの方が若干遠方の山の青味がとれているかも?
街灯のハロならばもう少し違いが出るのでしょうか。
RAW撮影から船体でWBをそれぞれとっています。

多分レンズやローパスフィルタなどにUVカットは既に施されていると思いますので、当たり前といえば当たり前の結果になりました。

次にフィルタによる分解能低下。
昔、星の写真を撮っていた頃はフィルタの有無でかなり星像が悪化したので、それ以来フィルタは付けずにいたのですが、最近になってまた付け始めました。
というのは、20年ほど前に買ったとあるレンズメーカーのレンズを久々に使っていたのですが、光源を後玉から覗いてみたら薄い傷がたくさん…。それで怖くなって付け始めた次第です。
最近のレンズはコーティングも優れているので、以前に比べれば傷はつきにくいかと思いますが…。
純正のレンズはそれよりもはるかに多くそして手荒に扱っていたのですが、特に傷はありませんでした。

さて肝心の解像テストなのですが、残念ながら空気のゆらぎで正確なテストができませんでした…。
一部を見るとフィルタ無しが優れ、また他の一部を見るとフィルタありの方が優れるといった、評価のできない状態という…。
一応上記写真の等倍スクリーンショットを載せておきます。これだけを見ると、ノーフィルタの方がシャープにも見えますが、正直なんとも言えません…。
印象としてはフィルタを付けたからといって、特に問題になるというレベルではないと判断しました。

最後はUVとプロテクタの比較。
使用したのはケンコーのZETAプロテクターとマルミのDHG-UV。

これもそんなに違いはありません。
結論としてUVとプロテクターのどちらがいいかというならば、これはもう気分で(笑)


2015/04/04

選択したJPEGファイルのEXIFを元に、ファイルの作成日と変更日を変更するAppleScript

だいぶ前に作ったのですが、時々使っているので需要もあるかもしれないと思いポストしておきます。
写真ファイルの作成日が、コピーや何かで変わってしまった時に、EXIF情報の撮影日を読み取り、作成日と変更日を書き換えます。
Xcode
ExifTool


tell application "Finder"
set objs to selection --as alias list
--set lst to {}
set lstr to (a reference to objs)
end tell
repeat with obj in objs
--作成日変更
set objPOSIX to quoted form of the POSIX path of (obj as alias)
set scrptCDR to "exiftool -CreateDate" & " " & objPOSIX
do shell script scrptCDR
set CDR to result
set AppleScript's text item delimiters to ":"
set CDRList to text items of CDR
set yy to item 2 of CDRList --年取得
set AppleScript's text item delimiters to space
set yy to item 2 of text items of yy
set mm to item 3 of CDRList --月取得
set dd to item 4 of CDRList --日取得
set AppleScript's text item delimiters to space
set dd to item 1 of text items of dd
set H to item 4 of CDRList --時取得
set AppleScript's text item delimiters to space
set H to item 2 of text items of H
set M to item 5 of CDRList --分取得
set S to item 6 of CDRList --秒取得
set scrptCDW to "/usr/bin/SetFile -d " & "'" & mm & "/" & dd & "/" & yy & " " & H & ":" & M & ":" & S & "'" & " " & objPOSIX
do shell script scrptCDW
--ファイルの「作成日」取得
set date_creation to creation date of obj
if modification date of obj > date_creation then
--ファイルの「変更日」を変更
set modification date of obj to date_creation
end if
end repeat

2015/04/02

最近お気に入りのiPhone写真関連アプリ4選

最近はほぼこのカメラアプリを使っています。
iOS8からiPhoneも感度、シャッタースピード、ホワイトバランスなどのマニュアル補正が可能となり、それらに対応したカメラアプリがいくつも出ました。
このアプリの特徴は、感度調整バーとシャッタースピードバーが並んで表示されるので、露出の調整が素早くできるところです。またコントラストと彩度の調整もできるので、効果フィルターを使いたいのでなければこのアプリだけで完結できます。
価格は無料ですが、シャッターボタン横の通常アルバムアクセス用の小窓部分に小さく広告が出ます。課金することで非表示になりますが、アルバムアクセスはできないままなので、撮った写真を素早く確認できないのは少し不便。